カテゴリー:イベント情報

鹿屋&大海酒造さま 訪問レポート

 

『陽』開店から、いつか焼酎の造りを造りの時に見学しようと思い続けて8年、やっと実現! それも最初はこちらに!と誓っていた大海酒造さん!

9月23、24日の1泊、お客様と友達と5人グループで行ってきました。

 

初日の23日、まずは大海酒造さんの‘お茶娘。’に使用しているお茶を作っている‘和香園’さんの‘茶音の蔵’でお茶懐石。 どれもお茶が食材とバランスよく融合していて美味しかったです。

  茶音の蔵のれん  茶ビール  茶豚  お茶うなぎ

ランチ後、大海酒造さんが使用しているお芋の農家さんで大牟禮杜氏とお芋堀り。というかほとんど芋拾い(笑 紅おとめと紅はるかを沢山頂きました。 土の香り、農家さんといい関係が、美味しい焼酎につながっていることを実感しました。

  お芋堀  お芋  お芋堀全員

夜は大海酒造さんの蔵で山下社長、大牟禮杜氏、蔵の方々と一緒に‘居酒屋大海’での宴。当日、他のグループと一緒になり大宴会! 

その前に、これがメインの1つ、夜の蔵見学。二次もろみの息吹を耳と鼻で感じて。ぷくぷく、ぴちぴち、遊んでいるようなこの子達の頑張りで、美味しい焼酎にな~れ。大牟禮杜氏発案の大牟禮牟呂も見せていただいて、基礎を知って機械化があると納得。さすがです!

蒸留器  2次仕込み  米麹造り
夜の蔵

そして、宴!汲みたての‘今’‘その時’しか飲めない油のこってりとお芋の甘味が美味しい芋焼酎を地元の食材と一緒にいただいて、それも造り手の山下社長、大牟禮杜氏と蔵人の話を聞きながら、もうこれ以上ない贅沢! そしてその一瞬しかない夜!

居酒屋大海お料理  居酒屋大海お料理1  居酒屋大海焼酎  居酒屋大海全員

2次会♬ 大海さんの‘お茶娘。’をたんまり。‘お茶娘。’に使っているお茶を加えて贅沢お茶割は、さらに優しくなってどんどん飲んで飲んで♬ 山下さん、大牟禮さんの優しい気の利いたおもてなしと楽しい会話は、終わってほしくない夜になりました。

2日目24日は、貴重なかめつぼ貯蔵焼酎を試飲させていただきました。全4種。どれも味わいが違い、まだお披露目が決まっていない焼酎たちはまだまだ味わいが変わっていくのかと思うと、わくわくです♬

  甕貯蔵  甕試飲

そして、やっと労働! 焼酎の芋むきをお手伝い。

流れてきたお芋の悪くなった、汚れた個所を取り除く作業です。 思った以上のスピードで流れてくるお芋、なかなかつかめない! くらっとするスピードにも慣れてきた時に終了な感じでしたが、お芋と向き合う作業は無心になれてやりがいがありました。またお手伝いに行きたい~ お役に立てたならですが。。。(笑

  いもむき芋  いもむき  蔵でグループ

山下社長と大牟礼杜氏それぞれのこだわりと焼酎への想いが、蔵のみなさん、農家の方々に伝わっていて、とてもいい信頼関係が構築されているから、蔵全体に穏やかな優しい空気が流れていました。 優しい美味しい焼酎、のはずです(^_-)-☆

造り手だけでなく、その周りの方々も含めて焼酎の味わいが決まるのだなぁと肌で感じられた、素敵な体験でした。 

 

お忙しい中、説明に、宴会にとお時間をいただいた大海酒造のみなさま、大牟礼杜氏、山下社長に感謝でいっぱいです。ありがとうございました!

 

By 店主&女将

 

トロンボーン&ギターと焼酎のマリアージュが贈る音酔いの宵♪ 

2017年より開催していますトロンボーンと焼酎のマリアージュの宴、今回はギターも加え、11月8日(木)に‘トロンボーン&ギターと焼酎音酔いの宵’を開催します。

焼酎のように柔らかく深く心にしみいる音色を奏でるトロンボーンにギターの音色を合わせ、演目のイメージに合わせた味わいの焼酎をご用意する音酔いの宵をお楽しみいただけます!!

当日は、国内のライブ・スタジオワークなどで活動し、フランス・パリとマルセイユのJAPAN EXPO出演やヨーロッパ各地へのライブツアーなど海外公演も多く活躍されている鈴木洋一郎(すずき よういちろう)氏と、名古屋を中心としてコンボやビッグバンド、サルサバンド、レコーディングなどの活動を行う西山友望(にしやま ともみ)氏の奏でるトロンボーンの音色に、ジャズ、ロック、R&B、ブラジリアン、クラシック、民族音楽など様々な音楽に傾倒し、ベーシスト坂本竜太と共に結成したジャズファンクユニットDos Lunaとして活動し、その他アーティストのライヴやレコーディングに多数参加している荻原 亮(はぎわら りょう)氏のギターを合わせトリオの生演奏を聴きながら、女将が選んだ各演目の曲調やイメージに合った味わいの焼酎を飲んで頂き、音に、味に、香りに酔いして頂けます。

また、演奏終了後は鈴木氏、西山氏、萩原氏と音楽や演奏などについてお話しをしていただけます(^_-)-☆

トロンボーン&ギターと焼酎のマリアージュが創る音酔いの宵、ぜひ、ご参加お待ちしています。

 

  • 日程: 

2018年11月8日(木)18:30~ 23:30(LO お料理22:30、お酒23:00) 

前半の部: 18:30~20:30 演奏 2回19:00~19:30 20:00-20:30 

後半の部: 21:00~23:30 演奏 2回21:30~22:00 22:30-23:00 *

  • 費用:

サービス料(@500)とお料理、お飲み物は通常営業通りです。

ミュージックチャージとして、お一人様1500円(税込み)を頂きます。

  • 参加方法:

・お電話にて、お席(人数・ご希望のお時間)のご予約を承ります。

・ご予約は、月~金15:30以降『陽』03-3578-3244まで。 

奏者プロフィール: 

鈴木洋一郎(村長) (トロンボーン)

プロのトロンボーン奏者としてライブ、スタジオワークなど活動中。アメリカ「S×SW2006」、フランスのJAPAN EXPO出演やヨーロッパ各地へのライブツアー、FIFAワールドカップサッカー2010の現地レセプション演奏など、海外公演も多数。2017年、リーダーバンドBoneOutのアルバムをリリース。

 

西山 友望 (トロンボーン)

愛知県犬山市出身。 4歳よりエレクトーンを、13歳よりトロンボーンをはじめる。 田中宏史氏、Donald Gibson氏に師事。甲陽音楽学院でジャズを学んだ後、名古屋を中心としてコンボやビッグバンド、サルサバンド、レコーディングなどの活動を行う。 2018年上京、幅の広い柔軟なプレイを目指し日々精進中しながら作曲やアレンジなどにも挑戦している。

 

荻原 亮 (ギター)

10歳からギターを始め、ジャズ、ロック、R&B、ブラジリアン、クラシック、民族音楽など様々な音楽に傾倒。上京後、フリューゲルホーン&ヴォーカル TOKUのバンドでレギュラーギタリストを務める。 2007年、BROOKLYNでNYのミュージシャンと共に創られた自身初のCD<AFICA>をMOCLOUD RECORDSよりリリース。2011年、ベーシスト坂本竜太と共にジャズファンクユニットDos Lunaを結成。CD2枚とライヴDVDをリリース。CSにてライヴが放送される。 その他アーティストのライヴやレコーディングに多数参加。

 

 

2011年より開催しています蔵元さん・杜氏さんから直接お話しを伺いながら焼酎とその土地の食材を使ったお料理を合わせて楽しんで頂く焼酎の会、2018年第3回は、10月26日(金)熊本県球磨の豊永酒造(株)より豊永 遥氏をお招きし『豊永酒造の焼酎と熊本球磨を味わう会』を開催します。

 

米焼酎といえば熊本県球磨郡より伝統の焼酎造りを守り通す焼酎蔵『豊永酒造』(とよなが)より、若き継承者 豊永 遥氏(とよなが はるか)をお招きし、熊本・球磨の自然、米焼酎、その歴史や思いなどをご紹介いただきます。

 

豊永酒造は、肥沃な土壌で古くから稲作が盛んな熊本県球磨郡に明治27年に創業。球磨地方は500年前に醸造技術が伝わり、米を原料とした「球磨焼酎」が生まれ、米焼酎の象徴となっています。 豊永酒造は、原料、造り、貯蔵に徹し、自社で有機農法による米作りにこだわった焼酎造りをしています。

 

当日は、4~5種類の米焼酎と麦焼酎をご用意し、豊永遥氏が球磨地方のもたらす焼酎造りやその中で麦焼酎に挑む思いなどご紹介するとともに、球磨地方の食材を使ったお料理もご用意し、お料理とお酒のコラボを味わっていただけます。

 

  • 日程: 

2018年10月26日(金)18:30~ 23:30(LO お料理22:30、お酒23:00) 

前半の部: 18:30~20:30 後半の部: 21:00~ *ご予約状況によっては、前半、後半での時間制限はありません。

  • 参加方法:

・お電話にて、お席(人数・ご希望のお時間)のご予約を承ります。

・ご予約は、月~金15:30以降『陽』03-3578-3244まで。 

・特に、参加費用の形式を取らず、通常通りお酒、お料理をご注文いただきます。

 

豊永酒造

http://toyonagakura.sakura.ne.jp/

みなさまのお越しをお待ちしています。

 

By 店主

女性限定!

女性の職バナしましょう♪ 2018年第2回目~~~~♪ 

女将となって8年目、お店のお客様から飲みながら、なぜ企業人から飲み屋に?脱さらに不安はなかった?いつから考えていたの?などなど多くの質問を頂いてきました。特に女性の方々は、10年働いてきたけれどこのままでいいのか? 継続か転機なのかわからない。開業したいけれど不安。と言ったご相談を多く頂きました。 また、昨今働き方改革と言われてきていますが、’働き方’って?と考えられる方々も。

そこで、2018年第2回 ‘女性の職・道(しょくどう)’開催します。

2018年第2回は、8月8日(水) ‘女性の職・道(しょくどう)’今をどうする?いつか‘に備える!’

IT企業の広報から女将に転身した女将が、企業時代の転機、転職、キャリアの考え方、夢の実現、そして‘女将’への脱サラ・転身までを、体験談、そして開業についてなど具体的にお話しします。

女性の皆さんが‘今’、‘今から‘そして’これから‘の’いつか‘ に備えた職道(しょくどう)のヒント創りをサポートします。

当日は、こころゆったりして頂くために、女将の好きな焼酎、ビールもご用意。

’今の仕事を続けてるのには?’’仕事で有意義な時間を重ねるには?’’いつか来るかも?’なんてふっと考えてしまう方、なんらかのヒントになるかもです! お友達や同僚の方々をお誘いあわせの上、ご参加お待ちしています♪。途中からのご参加も大丈夫です(^^)/

なお、参加人数に満たない場合は、通常営業といたします。

概要) 

第2回  ‘女性の職・道(しょくどう) ’いつか‘に備えて’編

日程8月8日(水)18:00-19:00 *17時45分受付開始

会場: 『陽』 港区新橋3-21-10 オルバスビル2階

費用: 2800円(税込み)

*おつまみと焼酎・ビール・ソフトドリンクの中からワンドリンク付き

内容: 18:00-18:30 女将の話

・職種と転職について

・独立・開業について

 

18:30-19:00  女将へ質問、職バナフリートーク

・今から仕事を充実させる時間作り、今後のキャリアの考え方、いくつまで働く?などなど。

  

申し込み方法: 

メール yoyoyo@fukasawa-h.jp または 電話03-3578-3244 までお名前、人数をご連絡ください。

 

By 女将

鹿児島焼酎の旅 レポート

2018年6月10日(日)~12日(火)

 

今年も、行ってきました(^^)/ 鹿児島焼酎の旅~~~9年目となりました♬

 

10日(日)に、今年は今までの反省を踏まえ(今頃?)、少し早い時間に鹿児島入り。

いつもは帰りにしか寄らない鹿児島空港のお寿司屋さんで、旅の始まりにビール&きびなご握りで乾杯からスタート。

到着きびなご
 

8回目の参加となるコセド酒造の焼酎の会は、例年以上に熱気があり、会いたかった蔵元さんや杜氏さんとお話し、焼酎のつながりと造りの楽しさと熱さを今年もしっかり刻めました。 何杯飲んだのかな? 新しい焼酎とも出会えました♬ 7月をお楽しみに~~~それにしても、国分酒造の安田杜氏の笑顔が最高(^^♪

  コセド風景   コセド集合   コセド安田さんと

11日は、鹿児島中央から知覧、指宿へと蔵元さん巡りを。

まずは、高良酒造さんへ。 寡黙な高良さんは、少しづつ、でもしっかりと蔵の歴史と実直な造りを伝えてくれました。

高良   高良集合

割水には裏手にある山水を使われていて、飲んでみるととろりと甘味があり、手がすべすべに! 毎日顔を洗えたらさぞかしつやつやになるだろうなぁ。

高良お水

焼酎の美味しさにはお水も大切と実感しました。

 

次には尾込酒造さんに。 細かく、そしてしっかりとつくりについてお話いただき、そのチャレンジ精神には感動しました。 今の蔵の焼酎の美味しさを保つため、より美味しく感じてもらいたいと、様々な工夫や変化を交えながらの造りへの取り組み。さすがでした! 

  尾込話   尾込壺   尾込集合


最後の蔵元見学の前に知覧特攻平和会館に行き、命の切なさと時代の悲しさ、そして、今を大切に生きることを胸にしっかり刻み、田村合名社さんへ。

  田村   田村壺

田村集合

田村さんでは、ゆっくり、でもしっかり蔵を支えてきてくれた焼酎の造りについてお話を伺いました。蔵の雰囲気が焼酎の味に染み出ているなぁと、暖かくなりました。

 

3蔵、3種3様、造り手の個性と考え、向き合い方、その土地の自然の力はそれぞれ違うけれど、焼酎の造りとの付き合い方、想いはまっすぐで一緒。1つのことに打ち込むことの大切さ、心に刻みこみました。

 

最終日は、楽しみにしていた枕崎指宿線の特急‘たまて箱’で、ピクニック気分、桜島を青い空の中眺め、爽やかな気持ちで鹿児島中央へ。

  たまて箱  たまて箱中 

たまて箱景色

毎年恒例、鹿児島空港のお寿司屋さんでビールで打ち上げ、やっぱり美味しい時間。 

打ち上げ乾杯

今年も、焼酎がくれた様々な再会、出会い、楽しい時間、これからの自分を見つめる時間、たくさんのプレゼンと頂いた、素敵な旅でした。

 

訪問させていただきました高良酒造さん、尾込酒造さん、田村合名社さん、お時間をいただきありがとうございました! 蔵元訪問のアレンジをしていただいたコセド 米盛さん、指宿のアレンジをしていただいた溝さん、他にはない時間をありがとうございました!

皆さんの想いを、味を、陽でゆっくりゆったり伝えていきま~~~す(^_-)-☆

 

By 店主&女将