7月31日(月)に開催しました『喜界島から朝日酒造さんがやってくる!』は、34名さまにご参加頂き、2年ぶりの開催、しかも100周年を迎えられてますますエネルギーいっぱいの朝日酒造さまと楽しい時間で終えることができました~

きていさん  集合

当日は、朝日酒造 喜禎氏(きてい)杜氏が黒糖焼酎の造り、こだわり、そして喜界島の自然、自社栽培のサトウキビ、ゴマなどについてお話しをし、またお客様から飲まれた感想などをお聞きしたり、楽しい空間となりました。会のために、たかたろう、朝日25度、朝日30度、朝日壱乃醸、朝日飛乃流、そしてこの日に合わせて酌みだして頂いた ‘蔵出し焼酎 朝日酌みだし原酒’の6種をご用意。

Kokutou

どれも味わいや香が異なり、飲み飽きしない黒糖焼酎。特に、‘たかたろう’は夏ならではソーダ割りが大好評で、また酌みだし蔵出しは新鮮さの中に深みもあり、みなさまそれぞれの味わい、美味しさを堪能されていました。

黒糖焼酎に合わせて、喜界島から届いたお野菜、ごま・お塩・黒糖・ざらめなどの調味料で、ヘチマの豚味噌炒め、島かぼちゃの塩煮、豚うりの魚味噌のせ、鶏もも肉の黒糖煮やサクナのポン酢和え、そして油そうめん陽風と、その日だけのお料理をご用意。

  ヘチマ  島かぼちゃ  

ぶたうり とりもも

喜禎氏が島の造りや自社栽培のこと、そして黒糖焼酎に求めることなどを、気さくに暖かく話されるのを聴きながら頂いた黒糖焼酎は、参加された皆様をの笑顔にし、時には熱く語り合ったり、今年も心地いい焼酎の会を始めることができました。後半では、喜禎氏ご夫妻がそろい、より熱い、明るい、エネルギーいっぱいの楽しい時間となりました。

参加された皆様、喜禎ご夫妻、朝日酒造の皆様、そしてコセド 米盛さん、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!!

今後も焼酎のもたらす‘楽しさ’と‘縁’を、また次につなげる焼酎の会を開催していきます。

By店主