豊永酒造の会レポート

2018年3回目の焼酎の会、10月26日(金)開催の『豊永酒造の焼酎と球磨を味わう会』は、34名さまの方々にご参加いただき、いつものように、大好評大盛り上がりで終わることができました。

集合写真 

今年で3回目となる豊永酒造の会は、7年前焼酎の会として3回目に開催した蔵。お店の時の流れとともに、豊永酒造さんの歴史の一遍を感じられるのか?とワクワクしながらの開催。 

豊永遼(はるか)氏は20代から30代に変わり、蔵の、焼酎の説明にも、積み重ねてきた歴史と蔵の前に進んできたアグレッシブな力を感じ、以前参加された方も、新しく参加された方も、その米焼酎の進化に驚きと興味いっぱいの時間になりました!!

 はるかさn

まずは、焼酎のラインナップ。 米焼酎は、豊永蔵、自我田、樽いきいき、試製弐号、そして麦焼酎は麦汁うすにごりむろかと麦汁超にごりの2種。豊永蔵は、豊永酒造さんの引き継いできた味わい、そして、他は米焼酎?と思わせるほどのチャレンジであり、嬉しい驚きの味わいの米焼酎たち。 麦は、最近の大人気麦汁のラインナップで裏切りなし(^_-)-☆

変化と進化と美味しさを探求しつづけた味わいは、お見事でした!!!!

焼酎ラインナップ

お料理は食材時期もあり、なしと里芋と、新米。 梨をお料理に生かし、梨のさらだと豚肉炒めにもチャレンジ、里芋は鉄板の美味しさ、新米はもったいないくらいの甘味と旨味♬ 梨の豚ばらに炒めやサラダ、チキンと里芋の煮物に、ゴボウのたまり漬けや筍のおかかに、市房漬けなど、球磨そのものの味わいをご用意。

  なし  新米

ごぼうのたまり漬け  里芋と鶏肉の旨辛煮  筍煮


今年3回目の焼酎の会、米焼酎の努力と進化と楽しさを感じることができました。

造り手を知る、それは焼酎の味を知ると、再三の実感(^_-)-☆。 

 

ご参加いただいた皆様、ご協力いただきました豊永酒造 遼氏、コセド米盛氏、ありがとうございました。 これからも焼酎が創る縁、繋いでいきたいと思います。

来年も、乞うご期待~~~~♬

 

By 店主